トップページ > 対応事例

Ubuntuで行こう!Ubuntu

- Ubuntu12.04のインストール -

BIOS設定(CD/DVDドライブから起動のため) インストール

- BIOS設定(CD/DVDドライブから起動のため) -

パソコンの電源を入れ、CD/DVDドライブにUbuntuセットアップディスクを入れます。ディスクを読み込んでUbuntuのセットアップ メニューが表示されます。表示されない場合、一旦電源を切って再度試してください。

ディスクを読み込まない場合、起動時にディスクから読み込むようパソコンのBIOSから起動オプションを変更する必要があります。 パソコンの電源投入後、メーカーロゴマークが表示されたときに[Del]キーか、[F2]キー、[F12]キーのいづれかを押します。メーカーによりどの キーを押すか違いますので、不明な場合メーカサイトで確認する必要があります。(ロゴマーク表示の画面下側にどのキーを押すか表示されている 場合があります。)

BIOSメニュー表示のサンプルです。メーカーにより違いますが、Boot(起動)等の表示のあるところを探します。


起動ドライブの変更は「Boot」メニューで行います。[→]キーを押して「Main」メニューから「Boot」メニューに切り替えます。 セットアップユーティリティによっては「起動」メニューとなっている場合があります。


[Enter]キーを押して「Boot Device Priority」を選択します。 以下の例では、標準で起動ドライブの順番は「Floppy Drive(フロッピー ドライブ)」、「Hard Drive(ハードディスク ドライブ)」、「CDROM(CD-ROMドライブ)」になっています。 セットアップユーティリティによっては、この手順が省略されている場合があります。


[+]キーを押して「CDROM(CD-ROMドライブ)」が最初になるように設定します。
※ USBフラッシュメモリーにOSをインストール後、USBメモリー から起動する場合、電源投入前に、パソコンに挿し込んでおきます。USB起動対応であれば、リスト一覧に表示されます。


これで起動ドライブの変更はできました。次に設定の変更を保存してセットアップユーティリティを終了します。 [Esc]キーを押して「Boot」メニューに戻った後、[→]キーを押して「」メニューに切り替えます。 セットアップユーティリティによっては「終了」メニューとなっている場合があります。


「Exit Saving Changes」項目が選択されているのか確認して、[Enter]キーを押して選択します。 設定の変更を保存して終了するか確認する画面が現れます。


「OK」をクリックします。以上でBIOSの設定は完了です。




- インストール -

インターネットに繋がっているルータ、またはハブからのLANケーブルを ノートパソコンの有線LAN端子に接続します。
必須ではありませんが、インストール中にアップデートをダウンロードできます。



ディスクが読み込まれると、セットアップメニュー準備が開始されます。


「Ubuntuをインストール」を選択します。


「インストール中にアップデートをダウンロードする」にチェックを入れ、「続ける」を選択します。 アップデートしながらインストールするため、終了まで2〜3時間かかります。


この画面は、パソコンの環境により違います。もしWindowsが入っていれば、Windowsを削除しないで インストールも可能です。HDDのデータが全部消えても構わなければ、 「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択します。


この画面はそのまま「インストール」を選択します。


ファイルのインストール開始と同時に、いくつかの質問の答えます。 ここはTokyoが選ればれれている状態で「続ける」を選択します。


キーボードレイアウトは「日本語」が選択されていれば、「続ける」を 選択します。


情報入力します。全て任意名称で構いません。入力後「続ける」を 選択します。


質問が終わり、Ubuntuに関する情報が表示されます。


「いますぐ再起動」を選択します。


CD/DVDドライブのトレイが開きます。ディスクを取り出しEnterキーを押します。


パスワードを入力してEnterキーを押します。


ログインが成功すると、ディスクトップ画面が表示されます。


Ubuntuで行こう! に戻る


Copyright(C) PCDEMAGIC All Rights Reserved.