トップページ > 対応事例

特集Puppy Linux in WinXP

- 非力なXPパソコンでLinuxとデュアルブート!(Puppy Linux編) -

メモリーが少ない古いパソコンでLinux系OS(Puppy Linux)とデュアルブート環境を構築します。WinXPを使用しているのでそのまま使いたいが、他の軽量Linuxディストリビューション を使ってみたいと言う場合に最適です。
今回は、Windows上からPupply Linuxをインストールしてデュアルブート環境にします。Puppy Linuxインストールのためにパーティションを作成したりする必要がなく、導入は 至って簡単です。ただし、万が一に備えて大事なデータはパックアップを取ってください。OSも最悪の場合、起動しなくなる可能性があるので、それに備えたリカバリーディスク等が 必要となってきます。全て、あくまでも自己責任でチャレンジしてください。対応OSはWin98、Win2000、Winxp、Vist、Win7です。Winmeは対応しません。

・インストール

・デュアルブートの解除1

・デュアルブートの解除2 (1の方法で解除できない場合)


Linuxの世界へようこそ!に戻る


Copyright(C) PCDEMAGIC All Rights Reserved.